2012年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Nov 02 2012

釣魚島問題の代償 深刻な影響を受けた日系車メーカー (3)

 事件発生後、瑞鉑店は賠償などの作業に追われ、通常営業が不可能となった。しかしそんな中、瑞鉑店は被害を受けた顧客の権益保護を真っ先に検討し、顧客への対応を第一に考えた。広汽トヨタの支持の下、瑞鉑店は被害を受けた車のオーナー全員に無償で新車を提供し、顧客の「損失ゼロ」を確保した。

 10月16日の時点で、瑞鉑店の顧客15人が無償で新車に交換し、2人は保険会社から全額賠償を受けた。

 瑞鉑店は開店から1年半で累計約1千台を販売、メンテナンス・整備を行った車両はのべ3千台に達し、2011年には全国優秀新店舗にも選ばれた。店長の王崇偉氏は「当店で整備を行う顧客の車に問題が生じれば全て我々が責任を負う。特殊で困難なときこそ、顧客の利益を保障する我々の責任は重くなる」と語る。

 広汽トヨタの馮興亜執行副総経理一行はこの事件を受けて青島を訪問し、被害を受けた店舗の職員を見舞い、瑞鉑店の「お客様第一主義」の姿勢を称賛した。馮氏は「販売台数は大幅に減少しており、困難を抱えているが、どんなに困難なときでも、広汽トヨタのお客様第一主義の姿勢は失ってはならない」と述べた。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古