2012年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:04 Nov 02 2012

中国は世界4位の産油国 年間2億300万トン

【中日対訳】

 国土資源部(国土資源省)が1日明らかにしたところによると、中国の石油生産量は2011年に2億300万トンに達して、世界5位から4位に上昇した。天然ガスの生産量でも17位から6位に上昇した。石油・天然ガスをめぐる理論のイノベーションが進み、調査開発技術が進歩し、関連投資も大幅に増加しているため、30年には石油・天然ガス生産量が石油換算で6億トンを超え、中国のエネルギー安全保障の力が大いに高まることが予想される。「人民日報」が伝えた。

 同部石油天然ガス資源戦略研究センターの車長波副主任によると、ここ数年来、中国では石油の対外依存度が急速に高まっており、11年は56%に達した。昨年は東北地方で石油・天然ガス資源の動態評価が行われ、これは石油の対外依存度が高止まりする状況の中で「囲みを突破しようとする動き」といえる。同部地質勘査司の彭斉鳴司長の説明によると、東北地方の地質学的資源量の直近の評価は07年に比べて34%増加となっている。11年末現在、石油の地質学的資源量は225億トンで07年比57億トン増加し、採掘可能な資源の量は72億トンで同13億トン増加した。大慶油田(黒竜江省)の石油の地質学的資源量は125億トンで同23億トン増加し、採掘可能な資源の量は51億トンで同9億トン増加した。おおまかな計算では、大慶油田がある松遼盆地のシェールガスの地質学的資源量は100億トンに迫るという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年11月2日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古