2012年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:44 Nov 02 2012

上海 大陸部で多国籍企業本部が最も集まる都市に

 上海市政府が1日に行った記者会見で明らかにしたところによると、今年9月末現在、上海市にある多国籍企業の地域本部は393社、投資会社は259社、研究開発センターは349カ所に達したという。上海市は現在、大陸部で多国籍企業の本部が最も多く集まる都市となっている。「人民日報」が伝えた。

 ここ数年来、上海では地域本部の経営を取り巻く環境の整備が進んでおり、市政府も多国籍企業の地域本部や研究開発センターの招致に向けた政策をうち出し、資金の管理、通関の利便性、人材の流動などで支援を強化している。今年1-9月に認可された多国籍企業の地域本部は40カ所、投資会社は19社、研究開発センターは15カ所に上り、世界企業上位500社に名を連ねる米国のキンバリー・クラーク社や日本最大の農業機械メーカーである株式会社クボタが相次いで中国地域本部を設立した。また世界十大医薬品メーカーに数えられる英国のアストラゼネカがアジア・太平洋地域本部をシンガポールから上海に移し、同じく十大医薬品メーカーとされるメルク・アンド・カンパニーは上海に投資会社を設立した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年11月2日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古