2012年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:50 Nov 02 2012

海外専門家 中国経済のペースダウンを提案

 ますます多くの世界の関係者が、中国経済の未来を占おうとしている。世界通貨基金(IMF)と世界銀行はこのほど、今年の中国経済の成長率の予想値を引き下げた。これに伴い一部で悲観的な予想が発表されたが、中国経済が再加速したと見ている人も多い。記者がこのほど、世界的に有名な2人のエコノミスト、ロンドン大学LSE教授(経済学)のチャールズ・グッドハート氏、イェール大学教授のスティーブン・ローチ氏を取材したところ、楽観的な予想と提案・対策が得られた。環球時報が伝えた。

 ◆5%の成長率は健全

 ----中国経済に対する悲観的な予想が聞かれるが、どのように見ているか。

 グッドハート氏:中国が毎年8%以上の超高度成長を維持するのは困難で、大きな圧力が存在する。中国経済の発展は「ソフトロック」でよい。現在の高度発展を維持すれば、全世界が中国に変わってしまう。中国が投資収益率を高め、輸出型経済から内需拡大型経済に転換し、5%ほどの安定的な成長率を維持できれば、それだけでも十分で健全だ。中国の発展はペースを落とし、リラックスする必要がある。

 ----なぜ中国はリラックスが必要なのか。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古