2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:29 Nov 05 2012

日本3大家電大手 第2四半期も赤字計上

 日本家電大手の赤字が悪化を続けている。パナソニック、ソニー、シャープは1日、9月30日までの2012年度第2四半期業績報告を発表した。3社は長引く赤字からの脱却を、実現することができなかった。特にパナソニックは本年度の赤字予想を、前年度の過去最高の赤字に次ぐ96億ドルに引き上げた。京華時報が伝えた。

 パナソニックの業績報告は、2013年3月31日までの今年度の赤字総額が、7650億円(約96億ドル)に達すると予想した。同社は今年5月の時点では、今年度は500億円の黒字を計上し、赤字脱却を実現すると予想していた。同社はこれについて、「来年3月31日までの今年度、当社の構造改革費はこれまで予想されていた410億円を大きく上回る、4400億円に達する見通しだ」と表明した。同社の構造改革費には、太陽電池、リチウム電池、携帯電話事業の資産の減損が含まれる。

 構造改革を推進するパナソニックの一方で、ソニーとシャープはテレビ事業の負担がさらに深刻化し、赤字の泥沼の中でもがいている。ソニーが1日発表した業績報告によると、9月30日までの第2四半期の赤字額は1億9400万ドルに達し、前年同期の3億4000万ドルの赤字額から44%減少した。赤字額が減少したとは言え、今年の第2四半期で7四半期連続の赤字となった。同社の平井一夫CEOは、赤字減少に向けた社内の取り組みを推進している。同社はまず計1万人の大幅リストラを実施し、次に一部資産(化学工業製造部門、2社のパネル合弁会社の株式等)を売却し、さらにオリンパスに500億円を出資し、今後の発展が期待できる医療機器事業に力を注いでいる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古