2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:23 Nov 05 2012

広交会閉幕 対外貿易企業のモデル転換に一定の成果

【中日対訳】

 第11回中国進出口商品交易会(広交会)が4日に広東省広州市で閉幕した。関連の統計によると、今回は参加したバイヤーの数も輸出契約の成約額も前回を下回り、中国を取り巻く貿易情勢が依然として厳しいものであることをうかがわせた。3日現在、海外から参加したバイヤーは211カ国・地域の18万8145人に上り、前回に比べて10.26%減少した。輸出成約額は326億8千万ドルで、同9.3%減少した。「人民日報」が伝えた。

 地域別の輸出成約額をみると、欧州連合(EU)への輸出成約額は同10.5%減少し、米国は同9.4%減少し、日本は同36.6%減少しており、全体として輸出契約の減少傾向が明らかになった。非生活必需品の成約額の低下が目立ち、生活必需品の契約は増加した。非生活必需品のうち電気機械製品、衣料品、ぬいぐるみなどが全体で約20%減少し、革製スーツケース、木製玩具は40%以上減少した一方、生活必需品のうち食品が14.5%増加し、医薬品も26.9%増加した。

 参加したバイヤーは減少したが、以前にも参加したことのあるバイヤーの人数が記録を更新した。今回の参加バイヤーの73.31%を占める13万7936人が2回目以上のバイヤーで、割合は前回を8.31%上回った。参加企業のうちブランド企業が占める割合は約20%ながら、これらの企業のブースでの成約額は125億8千万ドルに上り成約額全体の38.4%を占めた。ブランド企業1社あたりの平均受注数は非ブランド企業の3倍に、平均成約額は非ブランド企業の6.2倍に達した。こうした動きから、対外貿易企業のモデル転換やグレードアップの取り組みに一定の成果があったことがわかる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年11月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古