2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:23 Nov 05 2012

迷走する日本電機大手 相次ぐ業績悪化

 これ以上、経営を維持できないかもしれない--日本電機大手のシャープは11月1日、公の場で苦しみを吐露した。パナソニック、ソニー、シャープは11月2日、今年9月30日までの今年度第2四半期業績報告を発表した。3社は数四半期連続の赤字を、黒字転換することができなかった。このうちパナソニックは、今年度の赤字総額が、前年度の過去最高の赤字に次ぐ96億ドルに達すると予想した。ドイツメディアは、「これはアジアで最も重要な事件の一つ」、「日本は発展著しいアジアにとって負担となる」と指摘した。「日本のようになる」という言葉が、その国の経済・政治混乱を批判する流行語となる中、日本企業は「失われた日本」の新たなキーワードになる可能性がある。国際金融報が伝えた。

 パナソニックの業績報告によると、2013年3月31日までの同社の今年度の赤字総額が、7650億円(訳96億ドル)に達する見通しだ。同社は今年5月、今年度は500億円の黒字を計上し、赤字脱却すると予想していた。同社はこれについて、「来年3月31日までの今年度、当社の構造改革費はこれまでの予想の410億円を上回る、4400億円に達する見通しのため」と説明した。

 パナソニックの河井英明常務取締役は、「当社が直面している現状は、これまでの予想以上に深刻だ。当社は下半期に苦しい経営が強いられるだろう。特にテレビ、カメラ、BDプレイヤー、パソコン等のデジタル家電事業の業績は、当社の3カ月前の予想をさらに下回ると見られる」と語った。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古