メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>評論・視点
更新時間:15:04 Nov 13 2008
中国の内需拡大、世界金融危機の転換点に(3)
 グローバル経済が衰退の危機にある今、最も重要なことは、各国が実際の状況に基づいて、有効な財政刺激策・措置を打ち出すことだ。中国が率先して実施した大規模な内需拡大政策は、積極的な財政政策と適度な通貨緩和政策とを融合させたものであり、国内需要を拡大して輸出の減少分を相殺するだけでなく、輸入を増やして、世界経済の成長をもたらすものでもある。多くの国が近く財政刺激措置を打ち出すことを検討しており、まもなく開催される第1回緊急首脳会議(金融サミット)では、参加各国の指導者が、金融危機の波及をくい止め、実体経済への影響を軽減するために協調行動を取ることで一致すると期待される。各国政府が緊密に協力し、一致協力して、有力かつ有効な政策・措置をともに採用すれば、世界経済の衰退は効果的にくい止められるに違いない。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年11月13日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える