メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>消費
更新時間:19:28 Aug 22 2008
生活水準の向上で都市消費者のスーパー利用が増加

中国チェーン経営協会が22日に発表した「2004~2007年チェーンスーパー食品安全管理調査報告」によると、消費水準の全面的な向上と消費モデルの変化により、冷凍・冷蔵食品を買うのにスーパーや大型マーケットを利用する中国の都市消費者が92%に上った。また、生鮮食品を買うのにスーパーや大型マーケットを利用する消費者は70%に上った。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

生活水準が高まるにつれ、都市消費者は生活の品質にますますこだわるようになった。「食品の安全に非常に関心がある」とした消費者は2005年の73%から2007年には96%に上昇している。

調査によると、政府による管理・監督の強化や五輪開催などの影響により、2007年、小売企業はサプライヤーの管理を強化した。調査対象の企業全てがサプライヤーの資料管理制度を確立、6割以上の企業が危険性の高い食品の検査を行っているほか、41%が第3者の検査専門企業を雇って販売する食品の定期検査もしくは抜き打ち検査を行っている。(編集SN)

「人民網日本語版」 2008年08月22日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」