メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>消費
更新時間:14:53 Aug 26 2008
北京 月餅販売がピークへ
 北京五輪は中国の伝統文化にこれまでにない異彩を放った。五輪聖火が消え、中秋節という中国の伝統的行事が人々の脳裏に浮かぶようになった。中秋節まであとのこり20日という現在、月餅の販売もまたピークにさしかかっている。「市場報」が伝えた。

 今年の中秋はちょうど五輪期間に重なったため、北京五輪唯一の公式月餅サプライヤーである稲香村は、すでに栗の実あん、ハスの実あんの2種類の月餅を五輪選手村選手食堂に提供している。その他のブランドも積極的に五輪にちなんだ商品を売り込んでいる。昆崙大地食品公司が販売する月餅ギフトセット「百年圓夢」は、北京五輪の開催により中国人の長年の夢が実現したことをモチーフにしている。また華堂商場(イトーヨーカドー)がすすめる月餅ギフトセット「健康2008」は、5つの月餅が5つのリング状を呈して並べられており、オリンピックのシンボルマークが連想されるというわけだ。

 「月餅の販売は、8月の最終週がピークを迎えます」。華堂商場十里堡店食品部の責任者、伊樹旺氏は述べている。ケーキ店「好利来」の従業員によると、今年の月餅ギフトセットの価格は昨年と基本的には変わりはなく、最も手軽なもので50~70元、主流は100~300元の間で、300元を超えるセットはあまり見掛けないという。「200元前後のギフトセットがお客様にもっとも喜ばれています」。(編集HT)

 「人民網日本語版」 2008年08月26日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」