メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>消費
更新時間:15:18 Oct 07 2008
消費動向調査:3ボックス車主流 20万元以下に人気
 国慶節連休中、110人の消費者に対する街頭アンケート調査が実施された。それによると、3ボックス車の購入を考えている人が大多数を占めた。回答者の45%は3ボックス車を買う予定で、2ボックス車を希望している人は21%だった。ここ数年、2ボックス車の急成長が目立ち、特に若年層から高い支持を得ているようだったが、一般大衆が選ぶ主流モデルは依然3ボックス車だ。 同時に、SUV車の購入を希望する人の割合が増え、16%に達した。「華西都市報」が伝えた。

 大部分の消費者は、価格帯8万-12万元のA級車やデラックス乗用車、そして12万-20万元のB級車の購入を検討している。割合別に見ると、回答者110人のうち30%は価格帯8万-12万元、33%は12万-20万元のモデルを買う計画という。調査ではまた、消費者にとって理想的な排気量は依然1.6Lタイプで、57%が排気量1.6L-2.0Lのモデルを選ぶ可能性が高いことが判明した。(編集KM)

 「人民網日本語版」 2008年10月07日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画 「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画