メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>消費
更新時間:16:58 Nov 06 2008
中国自動車市場の復調なるか(3)年末の購入熱は長期化
 自動車価格はここ1~2カ月、低下を続けてきた。多くの販売店は現在、「自動車価格はすでに底値にあたり、さらなる引き下げの余地はない」と主張している。だが消費者はこの言い方をそのまま受け入れてはいないようだ。自動車価格の値動きについて「新華信」が行ったアンケートによると、9割以上の消費者は、自動車価格が今後しばらくは低下傾向を続けるとみている。そのうち63.8%は、「自動車価格には大きな値下げの余地がまだある」と考えている。

 市場関係者は、価格低下に対する消費者の期待が、一部消費者の自動車購入の時期を遅らせていると考えている。自動車市場の不安定や価格合戦の頻発は、自動車市場に対する消費者の様子見の態度を呼んでいる。自動車の購買力は解放され始めたとはいえ、消費者のなかには決断を迷っている人も多く、年末の自動車購入の波は長期化する可能性がある。専門家によると、年末の購入熱は来年の春節(旧正月)頃まで続く見込みだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年11月6日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物 芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物