メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>金融
更新時間:10:44 Aug 14 2008
人民元の値上がり(2)「1ドル5元台」の時代へ?
 人民元対ドルレートの上昇率は今年年初から7.22%に達し、去年1年間の上昇幅をすでに超えた。4月上旬から5月中旬までの横ばいの後、この2カ月近くは再び急速な上昇期に入っている。

 対外経済貿易大学金融学院の丁志傑?副院長によると、今年年末の人民元対ドルレートは、1ドル6.5元台に達する可能性も否定できないものの、ほぼ6.6~6.7元となる見込みだ。人民元対ドルレートの年間上昇幅は10%前後に落ち着く見通しで、これから年末までの値上がりの余地は1.68~3.22%にすぎない。1ドル6.5元となると仮定しても、上昇の余地は4.81%しかなく、下半期の値上がり速度は大きく緩和するとみられる。五輪大会前には急速な上昇を続けるが、大会後は上昇スピードが緩まるとの予想だ。

 ある為替トレーダーによると、ドルが直面している困難は年内の人民元レートの動きにとってもチャレンジとなる。米国の金融市場で明らかになった深刻な問題はドル下落に対する圧力となり、ドル対ユーロのレートは一時、1ユーロ1.6ドル台にまで下落した。ただ別の外国為替アナリストによると、米ドルがこの重圧に耐えて力強く反発する可能性も否定できない。そうなれば人民元の上昇速度も緩和されることになる。

 丁副院長によると、人民元は来年も上昇を続けるとみられ、下落の予兆はまだない。もっとも為替レートの場合、長期予測の範囲となるのは6カ月から1年の期間。ファンダメンタル分析?テクニカル分析のいずれを使っても、1年以降のレートの動きを予測することは難しい。

 単一為替レートになった1994年以前には、公定レートは1ドル5.7元、外貨調整レートは1ドル8.7元だった。当時の公定レートは人民元に対する過大な評価だったが、中国の生産性の向上はこの評価に見合う条件を作り出してきた。業界内には、人民元対ドルレートの一方的な上昇局面は1ドル5元台にもどってはじめて転換されるとの見方が強い。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年7月17日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」