メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>金融
更新時間:15:37 Sep 23 2008
野村HD、リーマンのアジア部門買収
 日本最大の証券会社、野村ホールディングスは22日、経営破綻(はたん)した米リーマン・ブラザーズのアジア部門(韓国を除く)を2億2500万ドルで買収することで合意した。またヨーロッパ部門の買収をめぐって、野村は英銀大手のバークレイズ銀行と競っている。「国際金融報」が伝えた。

 アジア・太平洋部門の買収については、英スタンダード・チャータード銀行、同バークレイズ銀行も名乗りを上げていたが、野村が競売で最高額を提示して獲得。今回買収するのはリーマンの日本とオーストラリアを含む事業。資産と負債は引き継がないという。

 野村は本来、アジア・太平洋地域の投資銀行事業や株式事業、資産事業を含む全部門の買収を希望していたが、何らかの原因で今回の取引に韓国は含まれなかった。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年9月23日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催