メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>金融
更新時間:17:10 Nov 05 2008
金融サミット、中国の役割に世界が注目(1)
 外交部の秦剛報道官が4日明らかにしたところによると、胡錦濤国家主席は今月中旬から下旬にかけて、主要20カ国(G20)の首脳による金融市場・世界経済サミットとアジア太平洋経済協力(APEC)非公式首脳会議に出席し、4カ国を訪問する予定だ。

 サミット開催を呼びかけた米国のブッシュ大統領の狙いは、当今の金融危機に対する世界規模での解決方法を模索することにある。

 ある専門家の指摘によると、このたび米国で発生した金融危機は、すでに世界の主要経済体に波及しており、特に米国と米ドルに最も深刻な打撃を与えている。今回のサミットは、米ドルを基軸通貨とした現今の国際通貨システムに挑戦するものとなる。

 1兆9千億ドルの外貨準備を擁する中国は、国際通貨システム改革について真っ先に発言権を与えられた。また米国国債の2番目の債権者である中国に対し、国際社会は改革への参与を期待しており、期待感はかつてないほどの高まりをみせている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年11月5日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物 芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物