メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:17:46 Aug 25 2008
コカコーラが最も知名度の高い五輪スポンサーに

 オリンピックスポンサーのコカコーラは24日にマーケティング業績を発表した。それによると、市場調査会社ニールセンの最新の調査結果で、全てのスポンサー企業中消費者の認知度が最も高かったという。しかし広告の出費面では第3位に留まっている。「京華時報」が伝えた。

 ニールセンの調査データの他にも、R3による権威ある調査データでも、調査対象の50%近くがオリンピックスポンサーとしてコカコーラを挙げ、86%以上が簡単なヒントですぐにコカコーラがオリンピックスポンサーであることを連想している。コカコーラの認知度は最高で、大衆に最も深い印象を与えるオリンピックスポンサー企業となっている。

 コカコーラ中国の副総裁兼オリンピックプロジェクトの総経理であるDavid Brooks氏によると、従来のオリンピックマーケティング市場が主催国を重視していたのとは異なり、コカコーラ本部は今回、グローバルな市場計画を実行した。オリンピック期間中に「可口可楽(コカコーラ)」という中国語4文字のマークが初めて世界の160の国と地区のコカコーラ製品上に登場し、60以上の国と地区で同時に大規模な北京オリンピックマーケティング計画を行った。また統計によると、オリンピック期間中にコカコーラは毎日競技会場に2500万本のコカコーラを供給、これはアテネオリンピックの2000万本を上回る規模となっている。(編集YH)

 「人民網日本語版」 2008年08月25日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」