メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:14:43 Sep 09 2008
上海環球金融中心が完成、森ビルトップに取材(2)
 1993年に制定された「上海陸家嘴中心区計画設計プラン」では、金茂大厦、上海環球金融中心、上海中心の3つのシンボリックな超高層建築を、「品」字の形に建設することが内容に組み込まれた。

 稔社長は当時を回想して「93年に上海市の当時の趙啓正副市長(浦東新区管理委員会主任)に摩天楼ビル2棟を建設させてほしいと頼みに行った」と話す。

 だが金茂大厦や将来建設予定の上海中心に比べて、SWFCの前途は多難だった。工事は1994年にスタートしたが、97年のアジア金融危機で5年近い停止を余儀なくされた。その後もビルの形状や名称などで問題が次々に起こり、設計から完成までにかかった時間は14年間の長きに及んだ。

 そして完成後の今、SWFCはグローバル経済の停滞や米国の低所得者向け(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き問題の波及といった挑戦にさらされている。稔社長は「全体として、世界の金融市場にはいくらか動揺がみられるが、上海の金融環境が影響を受けることはないと信じる」と話す。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年9月9日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催