メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:14:41 Sep 09 2008
上海環球金融中心が完成、森ビルトップに取材(6)
 需給関係の変化に促されて、多くの企業が新たな選択を行う。だが稔社長は取材に対して楽観的な見通しを示し、「現在、上海の商業オフィスビル市場は飽和状態ではなく、まだまだ不足気味であり、特に国際的基準を満たしたハイクラスのオフィスビルが不足している。私たちがSWFCを建設した時には、ニーズが徐々に増加するのを待つことを考えた」と述べた。

 稔社長の今後二年間についての情勢判断が正確かどうかは、一定の時間をかけて検証しなくてはならない。陳董事はメディアに対し「今年の浦東地区のオフィスビル供給面積は60万平方メートルを超え、空室面積は20万~30万平方メートルに達し、空室率は従来の1%から12~13%に急上昇することが予想される。SWFCの22万平方メートルだけで、今年の供給面積の3分の1を占めており、このため今年の浦東地区のオフィスビル賃料が値下がりしないのはもういいことだ」と述べた

 だが浩生董事長は次のような見方を示す。SWFCの意義はオフィスビルの問題だけにあるのではない。新たなランドマーク建築が陸家嘴金融貿易センターエリアの中央に位置し、「世界の金融の磁場」という理念を立脚点にして、その磁力の利用を検討し、ビジネス、文化、観光の各機能を一体化させ、世界の情報と優れた人材とを引き寄せ、トレンドを生みだし、これまでの国際金融センターの概念をうち破って、アジア屈指の金融センターおよび文化メディアセンターになろうとしていることに、より大きな意義がある。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年9月9日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催