メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:14:40 Sep 10 2008
武漢で全国最大の競走馬繁殖基地を建設
 湖北省武漢市はこのほど全国一流の競馬場を建設したのに続き、全国最大の競走馬繁殖基地の建設を開始した。武漢市「東方馬城」馬馴化・育成基地の第1期工事が8日に東西湖区柏泉農場で始まり、中部地区では初めての競走馬の馴化・育成基地となる。同基地の計画面積は約5000ムー(1ムーは約6.667アール)で、「東方馬城」競馬場から約30キロメートル、車で25分の位置にある。今後、競馬場の競走馬はここで飼育されることになる。「楚天都市報」が伝えた。

 第1期工事の敷地面積は1000ムーで、厩舎30棟や現代的な獣医医院、サイロ、飼料部屋、馬用のプールなどがある。また今後、周長400メートルの馬場2カ所と、1周1400メートルの競走馬訓練場、総合馬術競技用のコース6カ所を建設する。同基地では馬の飼育だけでなく、国際的な各種の馬術競技を開催することができる。第1期工事の完了後は500頭の馬を飼育し訓練することができる。

 工事の完了後は2000頭の馬が飼育可能で、武漢は全国最大の競走馬繁殖基地となる。(編集YH)

 「人民網日本語版」 2008年09月10日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催