メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:11:24 Dec 07 2008
改革開放30周年:合弁企業の誕生
最近完成した北京航空食品有限公司の機内食生産工場
1980年当時の北京航空食品有限公司の生産工場
 改革開放後、初の中外合弁企業である北京航空食品公司が、1980年のメーデーに開業した。同公司は約30年間の発展の末、一日に8万食をまかなう航空食品公司へと発展した。現在、国内外の航空会社約50社のフライト約400便に機内食を提供している。

 この30年で、中国の外資導入は急速に発展した。今年上半期までに、海外企業65万社による投資を認可し、利用された外資は8000億ドルを超えた。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2008年10月28日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える