メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:14:06 Nov 24 2008
上海の最高齢商標は眼鏡店「呉良材」 289年の歴史
 上海は、中国で最も早く商標の使用が開始された地区の一つだ。この地区で最高齢の商標は今年、289歳になるという。

 現在開催されている「2008上海商標展」によると、上海で記録に残っている最も古い商標は「露香園顧繍」で、明朝嘉靖年間(1522-1566)に誕生している。上海でまだ使われている歴史の最も長い商標は眼鏡店の「呉良材」で、1719年に誕生したものだ。

 展覧会主催者のデータによると、経済と社会の発展に伴い、上海の登録商標数は年間16%のスピードで増えている。登録商標数は昨年末までに12万2千件に達し、そのうち「有名商標」に指定されているものは489件、「中国有名商標」に指定されているものは61件ある。(編集MA)
 
 「人民網日本語版」2008年11月24日

関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える