メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:14:29 Nov 25 2008
日本は世界自動車業界に君臨できるか?(1)
 世界的な自動車メーカー・米ゼネラルモーターズ(GM)の高級管理職の誰もが予想しえなかったことが起きている。過去約100年にわたり、自動車生産業はずっと米国工業界の柱であり、「王冠に輝く真珠」であり、自動車業を主軸とするミシガン州デトロイト市はこれまで世界の産業界の中心だった。ところが今日では、GMやクライスラーなどの大手メーカーが経営破綻の危機に瀕している。今年上半期のGMの損失額は188億ドルに上り、今後数カ月間にわたり赤字の状態は続く見込みだ。GMのワグナー会長は「破産申請は現実的な選択ではない」と再三述べるが、取締役会では意見が割れているという。一部の取締役は、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)に
基づく破産申請を含むあらゆる選択肢を考慮すべきとしている。「国際金融報」が伝えた。

 世界の自動車業界では現在、もしもGMが破産したら、次はどの企業が業界トップの座に君臨するだろうかという点に注目が集まっている。

 ある業界関係者は「米大手3社(GM、クライスラー、フォード)が経営破綻すれば、日本メーカーにとっては発展のチャンスとなる。高い技術を備えた米国の自動車部品メーカーが、真っ先に日本企業に買収されるだろう」と話す。

 同関係者によると、日本メーカーが制定中の対応プランでは、米大手3社の危機に乗じて、米国の優れた部品メーカーを買収することが挙げられている。米国メーカーは技術力の高い部品メーカーを多数擁しており、経営規模の拡大と技術力の増強を強く希望する。日本企業に買収されれば、部品メーカーの競争力を短期間で引き上げることが可能になるとみられる。

 日本メーカーもここ数年はさまざまな苦境にさらされている。日本メディアの報道によると、ホンダは販売台数の減少という大きな圧力を受けて、日本と英国の工場の生産を一時停止すると発表し、英スウィンドンで50日間の操業停止を行った。

 だが同関係者は「米大手3社が倒産し、部品メーカーが低価格で譲渡されれば、日本企業は米国自動車業界のコア技術を安価に掌握するチャンスを得ることになる」と話す。

 米大手が倒産しなくとも、日本企業は「救済プラン」によって利益を得る。韓国メディアの報道によると、ある日本の自動車産業の専門家は「オバマ次期大統領がどのように大手3社を支援するにしても、必ず日本からの支援が必要になる。日本は米国の自動車産業を救済するという形で、部品メーカーをごく自然に買収することになるだろう」との見方を示す。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年11月25日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える