メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:13:48 Nov 26 2008
東風ホンダ「CR-V」価格つり上げ幅縮小(2)
 今年7月、「シビック」(中国名:思域)の5周年記念タイプ車が全国で発売された際、東風ホンダの劉洪副総経理(副社長)は「東風ホンダの現在の販売台数は前年比57%増加している。よって年間販売台数目標を1万台引き上げて、16万200台とする。1万台の引き上げ分は主にCR-Vでカバーする」と述べた。こうしてCR-Vの年間販売台数目標は6万5千台から7万5千台に引き上げられた。供給不足のCR-Vに比べて、東風ホンダが月間販売台数1万台以上と位置づけるシビックは、爆発的な人気には至っていない。ある東風ホンダのディーラーは「シビックの販売状況は悪くなく、供給も充分にあるが、何回かの価格戦争を経て、利益が非常に薄くなっている。メーカーが生
産・販売目標を引き上げたため、4S店(メーカー直営の販売店。販売・部品販売・アフターサービス・顧客データ調査を行う)への販売圧力が一層高まり、シビックは年内にさらに2千元ほど割り引きされる見込みだ」と話す。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年11月26日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える