メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>産業界
更新時間:12:41 Dec 07 2008
急ピッチで進む風力発電開発 新疆
建設中の金風科技布爾津(ブルチン)風力発電所
 新疆ウイグル自治区では今、中国最大の風力発電産業基地の建設に全力を上げている。設備容量20万キロワットの風力発電プロジェクトの工事が、阿拉山口で始まった。2007年の1年間だけでも新疆の風力発電プロジェクトの設備規模はすでに29万キロワットに達している。

 新疆の風力エネルギー資源は、全国の4割近くを占めており、風力エネルギー資源の総備蓄量は8億キロワット以上となっている。達坂城、小草湖、塔城(チョチェク)老風口など風況に恵まれた9大エリアでは、開発利用可能な総面積が約15万平方キロメートルあり、設置可能な設備容量は計8千万キロワット以上になる。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年12月04日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える