メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:10:42 Aug 14 2008
五輪収益をどのように分配するか(1)
 五輪開催都市には国際オリンピック委員会(IOC)から主に次の二つの収益が分配される。一つはIOCに入ったテレビ放映権料の49%で、北京市には約8億5100万ドルが渡る見込みだ。もう一つは五輪の公式スポンサープログラム(TOP)の収益の33%で、約2億8600万ドルに上る見込みだ。IOCは総合的な収益運営の一環として、開催都市の北京にこれらの収益を分配する。「中新網」が伝えた。

 北京体育大学の易剣東教授はこのほど週刊誌「瞭望」の取材に応える中で「五輪のすべての権利はIOCに属すのであり、北京はただ開催を請け負い、開催都市契約に調印しただけに過ぎない。IOCが所有者であり管理者であり、北京は五輪開催を委託されたに過ぎない」と述べた。(編集KS)
 
 「人民網日本語版」2008年8月8日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」