メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:10:42 Aug 14 2008
7月、PPIが12年ぶり2けたの伸び
 国際原油価格の落ち込みや周辺市場の振興はA株市場に対し、いまだに促進効果を発揮していない。11日の上海・深セン両証券取引所は、先週末8日の下落傾向を維持して安値で始まり、株価指数はいずれも現在の調整周期で最安値を更新した。同日発表された7月のマクロ経済データによると、生産者物価指数(PPI)の増加率は10%に達し、12年ぶりの高い伸びとなった。

 あるアナリストによると、PPIの増加率が2けたに達したことは、中国の工業製品生産業が引き続き景気のピークにあることを示すとともに、もしも工業製品の価格上昇が川下の消費財に引き続き波及するとすれば、経済全体が直面するインフレリスクは一層高まるということを示している。産業の移転が順調に進まなければ、製造業の利益により深刻な被害が出る可能性があり、これがA株の動きを制約する最大の要因になることが懸念される。(編集KS)

 「人民網日本語版」 2008年08月12日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」