メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:10:42 Aug 14 2008
米機関予測:中国、来年にも世界一の製造大国に
 米国の経済成長が大きく減速したことにより、中国は予測より4年早く、2009年にも米国を追い抜き世界トップの製造大国になる見通しという。英「フィナンシャル・タイムズ」紙が11日、伝えた。

 これは、米国の権威ある経済予測・調査機関・Global Insight社の予測による。同社の予測によると、来年の世界製造業の生産増加額は11兆7830億ドル、うち中国が占めるシェアは17%と世界トップ、米国はそれに次ぎ16%。昨年は米国がシェア20%とトップ、中国は13.2%で第2位だった。

 昨年の時点では、同社エコノミストは、米国製造業が2013年までトップの座を維持するという見方を崩さなかった。しかし、米国経済成長の減速に伴い、米国の今年と来年2年間の製造業生産額に対する予測を大幅に下方修正した。

 製造業を主導とする中国経済はこの20年間で急成長した。中国製造業の生産額の世界全体に占めるシェアは、1990年の時点ではわずか3%だった。(編集KM)

 「人民網日本語版」 2008年08月12日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」