メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:16:02 Sep 03 2008
国家統計局 物価上昇の主な原因(1)
 中国の物価は07年以来、明らかな上昇傾向を見せており、経済活動のなかで際立った問題となっている。国家統計局マクロ経済分析チームが行った初期的な分析によると、今回の物価上昇の主な原因としては次の5つが考えられる。

 (1)輸入品の値上がり

 ここ2年近くの物価上昇には深刻な国際的背景がある。世界経済は4年連続で5%以上の成長を持続。中国・インド・ブラジルなど先進途上の大国の経済成長はとりわけ著しい。このことは第一次産品の需要を急速に拡大させた。さらにドルの値下がりによって、石油・石炭・農作物・鉄鉱石・金属など基礎製品の国際価格も大幅に上昇した。これら国際市場の商品価格の大幅な上昇は、中国の輸入価格の総水準を押し上げた。輸入商品の大幅な値上がりが、国内商品の価格水準の高まりと中国企業の生産・経営コストの高まりにつながった。

 (2)一部産品の需給不均衡

 主要農産物の状況をみると、いくつかの産品で需給バランスが不均衡となっている。不均衡が深刻なのは、豚肉・大豆・食用植物油・うるち米・綿花などの産品だ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年9月3日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催