メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:16:02 Sep 25 2008
上海、知財権保護基金を設立 万博も視野
 上海市知識産権(知的財産権)局の陳志興局長は24日に行われた上海市政府記者会見で、中国企業の知的財産権が海外でよりよく保護されることを目指して、市の関連部門が現在、知財権保護基金の設立を検討していることを明らかにした。政策的な保護だけでなく、資金的な保護も視野に入っているという。陳局長によると、「国家知識産権戦略綱要」を実施するために、同市は2010年をめどとして、知財権保護関連の法律、規定制度、政策措置など計18項目を相次いで打ち出す予定だ。上海市工商局の陳学軍副局長によると、上海市は知財権仲裁法廷の設立準備を進めている。この法廷のよい点は便利で対応が早く、一審制を取っているところにあり、上海市の専門家だけ
でなく、他省・直轄市や海外の専門家にも参加を要請する予定だ。また2010年の上海世界博覧会(上海万博)開催に合わせて、市内で知財権保護のムードを高め、関連知識の普及を強化し、万博グッズの公式販売管理を強化していく予定だ。「国際金融報」が伝えた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年9月25日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画 「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画