メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:14:39 Oct 22 2008
輸出増値税の還付率引き上げ 一部商品が対象
 財政部と国家税務総局は21日、2008年11月1日から3486品目の製品について、輸出増値税(付加価値税)の還付率を引き上げると発表した。中国の税関税則に挙げられた製品全品目の25.8%に当たる数字だ。財政部税政司の史耀斌司長は「これは2004年以降に行われた輸出増値税の還付政策調整では、対象製品が最も多く、取り組みにも最も力が入った調整となる」と話す。繊維製品と衣類は、その一部について今年8月1日に増値税還付率が11%から13%に引き上げられたのに続き、今回の調整ではさらに14%に還付率が
引き上げられる。一部の玩具製品の還付率も14%に引き上げられる。また今回の調整では、抗エイズ薬などの技術含有量が多く、付加価値の高い製品の還付率が9~13%に引き上げられる。

 史司長によると、今回の政策調整の主な狙いは、現在の中国が経済成長の鈍化により直面する問題に対応することにある。特に輸出の伸びの鈍化に対し、輸出企業の経営圧力を軽減させ、自主的発展を促進し、リスク対応能力を高めることで対抗しようとする狙いがある。今回の大規模な還付率調整から、中国政府が「成長維持」をマクロ調整の方向性としていることがうかがえる。また今回の調整は、最近の商業銀行の貸し付け規模の拡大、新たな外貨管理条例の施行、二度にわたる「双率」(預金準備率と一年物の預金・貸出基準金利)の引き下げを受けて行う、重要な調整措置の一つでもある。(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年10月22日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚 映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚