メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:13:10 Oct 28 2008
中国の経済規模、世界の6.0%に 統計局発表
 国家統計局が27日発表した「改革開放30年経済・社会発展成果シリーズ報告」によると、改革開放政策実施からの30年間は、中国が徐々に低所得国から脱し、「中の下」の所得水準の国になろうとした30年間であり、総合的な国力と国際的な影響力が大幅に強まって世界中を驚かせた30年間でもあった。

 同報告によると、1978年の中国の国内総生産(GDP)はわずか3645億元で、世界の主要国中10位だった。一人当たり平均GDPは190ドルに過ぎず、世界で最も発達の遅れた低所得国のレベルだった。1979年から2007年の間に、GDP年平均実質成長率は9.8%に達し、1953~1978年の年平均成長率6.1%を上回っただけでなく、同期の世界経済の年平均成長率3.0%を大幅に上回った。

 中国経済の急速な成長によって経済規模が加速度的に拡大し、複数の指標は目標値を達成して新たな段階に突入した。

 GDPは1978年の3645億元から2007年は24兆9530億へと爆発的に増加した。うち1978年の3645億元から1986年に1兆元の大台を越えるまでには8年がかかったが、それから5年後の1991年には2兆元を越えた。その後10年間は毎年平均約1兆元増加して、2001年についに10兆元の大台を突破。2002~2006年は高度成長期で毎年平均2兆元増加し、2006年には20兆元を突破し、2007年は3兆7600億元増加した。

 経済規模の急速な拡大により、中国と世界の主要先進国との距離が縮まってきた。経済規模の世界ランキングも着実に上昇し、1978年の10位から、現在は米国、日本、ドイツに次ぐ4位となっている。国際通貨基金(IMF)がまとめた統計によると、2007年のGDPはドル換算で3兆2801億ドルに達し、米国のGDPの23.7%、日本の74.9%、ドイツの99.5%に相当する。1978年のGDPは、当時の米国のGDPの17.2%、日本の59.7%、ドイツの78.9%だったことを考えると大きな飛躍だ。また経済規模が世界経済全体に占める割合も目立って上昇しており、1978年の1.8%から2007年は6.0%に上昇した。
(編集KS)

 「人民網日本語版」2008年10月28日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚 映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚