メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:13:16 Nov 11 2008
中国のGDP、ドイツ抜いて世界3位へ
 国家統計局の新局長・馬建堂氏は9日、「第2回アジア太平洋地域経済金融フォーラム」に出席し、「中国経済は現在、寒い秋を迎えているものの、その寒さのなかには暖かさも含まれている」との見方を示した。馬局長によると、中国のGDPは今年、ドイツを超える見込みだ。

 国家統計局のデータによると、中国経済は改革開放30年以来、年間平均9.8%の急速な成長をとげてきた。中国のGDPは07年、25兆元にせまるほどにまで増え、米国・日本・ドイツに次ぐ規模に成長した。

 馬局長によると、中国経済に対する金融危機の影響が第3四半期から出始めたものの、中国のGDPが今年、ドイツを抜くことは間違いない。中国は十分な労働力を持っており、備蓄率もかなり高く、中国経済の急速成長の傾向は今後も続く見込みだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年11月11日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える