メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:17:58 Dec 05 2008
APEC首脳会議の注目点(1)金融危機対策
 アジア太平洋経済協力会議(APEC)の第16回首脳会議が22、23の両日、ペルーの首都リマで開催される。今回の首脳会議では、世界的な金融危機への対応策が引き続き焦点となるほか、自由貿易地域の推進や、保護貿易主義の台頭の阻止も議題に上る。新旧の顔ぶれの各国首脳が一堂に会すのも見所の1つだ。

 ■金融危機が引き続き焦点に

 金融危機は現在、世界経済の成長と金融市場の安定を深刻に脅かし続けている。アジア欧州会議(ASEM)首脳会合、上海協力機構首相会議、G20金融サミットなど、各国・地域の首脳は最近立て続けに会合を開いた。これらの会合で関係各国は、現在世界が直面する金融・経済問題への対応策について多くの合意に至り、前向きな成果を得た。だが、国際金融システムの改革、金融監督・規制強化の具体的な措置については、なお見解に相違がある。先進国と発展途上国の要求と目標にもなお一定の距離がある。

 リマ首脳会議では世界的な金融危機に関する声明が発表される。これがG20金融サミットでの声明の「有益な補充」になることを望む。今回の声明の柱には、金融市場を始めとするグローバル資本市場への監督の強化、国際金融システムにおける発展途上国の発言権の強化などが盛り込まれる見込みだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年11月20日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える