メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>経済>>マクロ経済
更新時間:12:41 Dec 07 2008
武漢開発区で投資ブーム 日本の三桜工業も
 武漢開発区で3日、投資総額15億元にのぼる8つの新事業が導入され、新たな投資ブームが起きている。

 金属チューブ類など自動車部品を手がける日本の三桜工業は東風ホンダや東風の自主ブランド、東風日産の唯一のサプライヤーとして知られる。三桜工業は11月初め、武漢開発区のすぐれた環境に目をつけ、別の地での契約をけって、最終的にここに落ち着いた。年間生産量80万、生産高1億5千万元は見込めるという。

 同時に武漢開発区の好条件といえば、政府の関係部門が企業が生産立ち上げ段階で直面する実際の困難に対し、解決に向け親身に支援していることだ。香港の薬用ドリンクメーカー、加多宝集団は現在、主力商品「王老吉」の生産拠点を立ち上げる準備を進めているが、開発区管理委員会はいち早い生産開始に向け、「緑色通路」を開通して各種手続きを簡素化し、土地契約手続きにも手を貸し、まもなく生産が始められるという。

 武漢開発区には11月だけで世界500強の企業2社を含む12の新事業が導入され、投資総額は40億元以上にのぼる。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年12月4日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える