ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
第13回中日経済シンポジウムが3日に開催 吉林・長春
 人民日報社は日本経済新聞社と共催で、「第13回中日経済シンポジウム」を2010年9月3日に中国吉林省長春市で開催する。同シンポジウムは改革開放初期の1984年に始まり、人民日報社と日本経済新聞社が2年に一度両国で開催してきた。過去20年余りで12回を数える。
編集者付記
 人民日報社と日本経済新聞社が共催する「第13回中日経済シンポジウム」は9月3日に吉林省長春市で開かれる。今回のテーマは「世界の経済成長を推し進めるエンジン?中日協力のチャンスと課題」であり、演題は「貿易の自由化の実現性」、「環境保護分野の相互利益と協力」と「金融分野での協力とウィンウィン」からなる。
発言者・発言一覧
人民日報社張研農社長
人民日報社張研農社長
日本経済新聞社喜多社長
日本経済新聞社喜多社長
吉林省王儒林省長
吉林省王儒林省長
吉林省陳偉根副省長
吉林省陳偉根副省長
東芝の西田厚聡会長
東芝の西田厚聡会長
皓月集団の叢連彪董事長
皓月集団の叢連彪董事長
中国銀行の李礼輝行長
中国銀行の李礼輝行長
伊藤忠商事の渡辺副会長
伊藤忠商事の渡辺副会長
島津製作所の服部重彦会長
島津製作所の服部重彦会長
国際通貨研究所の行天豊雄理事長
国際通貨研究所の行天豊雄理事長
中国国際貿易促進委員会の于平氏
中国国際貿易促進委員会の于平氏
関連資料 一覧へ
前回のテーマ発言一覧へ
参加企業・機構














主催側

    人民日報社が発行する人民日報は、中国共産党中央委員会の機関紙であり、中国で最も権威のある発行量最大の総合日刊紙だ。

    日本経済新聞社が発行する日本経済新聞は1876年に創刊された日本で発行量最大の全国的経済紙である。
テーマと演題
  • ★テーマ:
    世界の経済成長を推し進めるエンジン―中日協力のチャンスと課題
  • ★講演:
    特別講演:東北旧工業基地振興―中日協力の実現性
    特別講演:複雑な世界経済への対応―中日両国の役割
  • ★演題
    演題1:貿易の自由化の実現性
    演題2:環境保護分野の相互利益と協力
    演題3:金融分野での協力とウィンウィン
特集の中国語版


歴代中日経済シンポジウムの会期と主題
●第1回「中国の対外開放政策と中日経済協力」(1984年11月26日--27日、北京)
●第2回「中国の対外開放政策と中日経済技術協力」(1986年11月11日--12日、東京)
●第3回「中国沿海地区の発展と中日経済技術協力」(1988年11月3日--4日、北京)
●第4回「アジア太平洋地域の新情勢下の中日経済協力」(1991年11月12日--13日、東京)
●第5回「中国社会主義市場経済と中日経済協力」(1993年10月20日--21日、大連)
詳しい内容へ