ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
東日本大震災は日本の「忠実」文化に衝撃?
地震後、人々の生活は少しずつ元に戻り始めているようだ。原発事故による放射性物質漏洩の恐怖はまだ完全に消えたわけではないが、人々は生活をしていかなければいけない...
東日本大震災による日本の経済的損失
△保険業界の損失は最大150億ドルと予想される。
△大地震と津波で倒壊した住宅、道路などの直接被害額は最大で25兆円に上ると見通し。
△日本の第2四半期のGDPは年率マイナス6%-12%まで落ち込む可能性がある。
中日間の貿易に対する影響一覧へ




日本で農産物が不足 浙江省の食品企業に注文が殺到

日本では放射性物質の危険がいまだ排除されておらず、各被災地では野菜などの食品が不足している。杭州捷美特食品有限公司は29日、日本から冷凍野菜の緊急注文を受けた。受注量は通常の2倍から3倍だという...[全文へ]

浙江省義烏市 日本の救援物資の重要な買い付け先に

東日本大震災発生後、世界最大の卸売市場である浙江省義烏市は、日本の救援物資の重要な買い付け先となった。防護服、地震用懐中電灯、マスク、毛布、救急箱などの販売数は急増している...[全文へ]

日本の地震がぜいたく品市場に影響 中国世界2位に

東日本大震災により、世界2位のぜいたく品消費国である日本ではぜいたく品が「不良在庫」と化している。たとえばルイ・ヴィトンは日本に57ある店舗の半分近くを閉めた。日本での業務量が激減したことにより、プラダ、シャネル、カルティエ、グッチといったぜいたく品ブランドは軒並み20%前後の業務量減少に見舞われている...[全文へ]

日本の地震で中国の農副産品輸出は悲喜こもごも

江西西竜食品有限公司の章礼森総経理(社長)は「日本で地震が発生して、我が社のウナギのかば焼きの対日輸出がストップした。我が社は日本の地震で大きな影響を受けた。短期間で回復することは難しい」と話す...[全文へ]

日本にあたえるダメージ一覧へ


世界にもたらす影響一覧へ


中国側の反応
日本企業の動き
おすすめ特集