経済 | 社会・生活 | 政治 | 文化・科学技術 | 中日 | 評論 | 写真 | 動画 |
 米上院は現地時間11日、国内の多くの反対の声を顧みず、いわゆる「為替相場監視改革法案2011」を賛成63票、反対35票で可決した。いわゆる「為替相場を低く設定している」主要貿易相手国に対して制裁関税を課すよう米政府に求めることが柱で、人民元の切り上げ加速を強いる狙いがある...
News
    

米上院の愚かな法案の政治的効果

 なぜワシントンは経済危機脱却の効果的なプランを遅々として打ち出せないのか?なぜ米国の経済問題は政治問題でもあると言われるのか...

「人民元問題を政治利用」 国際世論が米を批判

 米上院が11日にいわゆる「為替相場監視改革法案2011」を可決したことに、国際世論は幅広く注目している。各国のメディアや専門家は法案について、「為替相場の不均衡」の名の下に...

中国、米国の人民元相場法案に1日で3回反対を表明

 米上院は現地時間11日、国内の多くの反対の声を顧みず、いわゆる「為替相場監視改革法案2011」を賛成63票、反対35票で可決した...

米上院、人民元相場法案を可決 成立には2つの関門

 米国上院は11日、投票で人民元相場に関する法案を可決した。同法案が成立するためにはさらに2つの関門をくぐり抜けなければならない。下院での可決とバラク・オバマ大統領による署名・発効という関門だ...

人民元急上昇 2005年7月以来の最高を更新

中国外国為替取引センターの最新のデータによると、10月11日の人民元対ドルレート基準値は6.3483で、前日より103ベーシスポイント上昇し、約1カ月ぶりに2005年7月為替制度改革実施以来の最高記録を更新した。人民元対ドルレート基準値が6.35元台を下回ったのは初めて。

対中為替法案は中米双方にマイナス

 米上院は現地時間11日、いわゆる「為替相場監視改革法案2011」の最終採決を行う予定だ。人民元相場を標的にしたこの法案は米国内外で大きく注目され、数多くの批判を招いている。米メディアは上院での可決は難しくないが、成立までには大きな障害があ

人民元レート問題の政治化は米国にとっても不利

 大統領選が近づき、米国の一部の政治家たちが再び人民元レート問題を取り上げるようになった。米上院は3日、「2011年為替相場...

米またもや「為替カード」 国内の危機を中国に転嫁

 米国の上院は11日、「2011年通貨為替監督改革法案」の最終採決に向けた投票を行う見込みだ。人民元の急速な切り上げを迫るこの法案が最終的に成立するかどうかに関わりなく...

元の対ドルレートが6.34台に 5年で30%上昇

 中国外国為替取引センターが11日に発表したデータによると、人民元の対米ドル基準値が1ドル=6.3483元となり、はじめて6.35の大台を突破して6.34台に突入し、過去最高を更新した。人民元相場の改革がスタートしてからの5年間で、元の対ドル基準値は累計30%上昇したことになる...

    

キーワード

為替レート仲値
 仲値は、「為替相場仲値=(現金為替買相場+売相場)の2分の1」で計算される。対ドル人民元為替相場仲値の計算方法は、CFETSが毎日、銀行間外為市場の取引開始前に...

評論

人民元レート改革、市場化の目標を貫徹

    米上院の愚かな法案の政治的効果

      「人民元問題を政治利用」 国際世論が米を批判