ホーム | 経済 | 社会・生活 | 政治 | 文化・科学技術 | 中日 | 評論 | 写真 | 動画 |
 中日両国が提起した二国間通貨・金融合意に基づき、日本政府は外国為替資金特別会計を通じて中国国債を購入する可能性があるとしており、購入は段階的に行われ、総規模は100億ドルに達する見込みだ。日本の動きは野田首相の初訪中に合わせて行われる、両国の戦略的互恵関係の強化に向けた措置の一つだという。
News
    

日本の人民元による対中直接投資が可能に

 日本の野田佳彦首相が25日に中国を公式訪問した際、中国人民銀行(中央銀行)は公告を発表して、発展を続ける中日間の経済関係を支援し…

中国、日本農産物の輸入解禁を検討か

 日本経済が緩やかに復興を開始したことから、野田首相の今回の訪中では、経済関連の議題が中心になると見られているが、さらに重要なのは、来年の日中国交正常化40周年に向け、堅固な足場…

日本の中国国債購入 人民元国際化にプラスも慎重に

日本当局による総額100億ドルの中国国債購入に関連した申請手続きが現在進められているという。同行は今後、両国の国境を越えた取引における人民元と日本円との使用を促進し、元・円を直接交換する市場の発展を支援し…

人民銀、日本の中国国債購入の関連手続がスタート

 中国と日本の首脳はこのほど、両国間の不断に発展する経済金融関係を支援するために、両国の金融市場における協力を強化し、両国間の金融取引を奨励することで合意した…

日本が中国国債の購入を検討、人民元の国際化が前進

 世界第2の外貨準備国である日本が、人民元建ての中国国債を初めて購入することは、象徴的な異議を持つ…

日本の中国国債購入「最小の投資リスク」専門家

 米ドルやユーロに比べ、現在、中国国債への投資はリスクが最も小さいと考えられる...

日本政府が中国国債を購入へ 関係強化がねらい

 日本円高が続くことへの懸念から、日本政府は近く4回目の為替介入を行う見込みだ。安住淳財務相は20日、日本政府は現在、中国の国債の買い入れを検討していることを明らかにした...

    

アンケート

日本当局による総額100億ドルの中国国債購入に関連した申請手続きが現在進められているという。日本の目的はなんだと思いますか。
日本政府が外貨準備資産の多様化を図ろうとしている
人民元の地位向上がもたらすメリットを享受する
中国との関係強化

特集

【特集】日本の野田佳彦首相が中国を訪問