ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
温総理「中国経済は行き詰まっていない」ダボス会議
 温家宝総理は11日、天津市で開催中の世界経済フォーラム夏季ダボス会議の開幕式に出席した。温総理は、世界経済フォーラムの創始者であり会長のクラウス・シュワブ氏から中国経済は今後どのように発展していくかと質問され、これに答える中で、中国が30年にわたる改革発展を経て、成長ペースが行き詰まったという見方には賛成しないことを明らかにした。中国はペースを引き下げているのであり、これは成長モデルの転換や構造調整をよりよく行うためであるという。
編集者付記
 世界経済フォーラムの第6回ニュー・チャンピオン年次総会、またの名を夏季ダボス会議が11日に天津市で開幕する。会期は13日まで、メーンテーマは「未来の経済を創造する」。グローバル経済が復興への力不足に悩み、中国経済が目立った下ぶれ圧力にさらされるという大きな背景の中で、グローバル経済の精鋭が集うこの会議が注目を集めている。
夏季ダボス観点一覧へ






中国経済の高度成長あと20年続く 林毅夫

 中国経済が30年にわたって成長を続けてきたことは、世界の奇跡だと言える。実際には成長率がどれくらいかはそれほど問題ではなく、大事なことは経済発展は持続可能で包容力のあるものでなければならないということだ...[全文へ]

自動車産業はブランド再構築が必要 徐和誼

 生産のデジタル化や情報のネットワーク化が進むのにともない、3Dプリンターやインテリジェントロボットを代表とする第三次工業革命が、従来型の製造業をひっくり返すような影響を与えている...[全文へ]

自由貿易が太陽エネルギー発展推進 高紀凡

 太陽エネルギー、風力エネルギーを主体とした再生可能エネルギーの発展に力を入れ、まったく新しいエネルギーモデルで成長を支えることは、中国のみならず、世界の発展途上国すべてにとってプラスになることだ...[全文へ]

中国経済動向
フォトニュース
お薦め特集