ホーム | 経済 | 社会・生活 | 政治 | 文化・科学技術 | 中日 | 評論 | 写真 | 動画 |
 米国下院の上位方特別委員会は8日に調査報告書を発表し、中国の電気通信設備メーカーである華為技術有限公司と中興通訊株式有限公司は米国の安全保障上の脅威であると非難した。同委の賢明とはいえない政治的な動きは、中米の経済貿易協力の健全な発展を阻害するものだ。
News
    

米下院報告書「華為・中興は安全保障上の脅威」

 米国下院の情報特別委員会は8日に発表した報告書の中で、華為と中興は米国の安全保障上の脅威であると非難し、両社と取引のある米国企業に「他のメーカーを選ぶことを検討する」よう呼びかけるとともに、米連邦政府に両社の米国での合併買収(M&A)活動を阻止するよう要求した。

外交部:中興と華為に対する米国の調査についてコメント

 中国の電気通信企業は市場経済の原則に基づきグローバル経営を行っており、その米国における投資には中米経済貿易関係の互恵・ウィンウィン...

商務部、米国下院の「華為・中興脅威論」に反対

 商務部の沈丹陽報道官は9日、米国下院の情報特別委員会が8日に発表した、中国の電気通信設備メーカーの華為技術有限公司と中興通訊株式有限公司は米国の安全保障上の脅威であるとみなした報告書について、中国側は重大な関心を寄せるとともに、強く反対すると述べた。

米国「推定有罪」の醜態 華為・中興は脅威ではない

 事実の裏付けを欠いたよりどころのない懸念を抱きながら、相手側に対し事実によって無罪を証明するよう求める。こんなロジックはまるでかつての「推定有罪」のように乱暴なものだ。米国の立法機関はまだこのような遅れた考え方をしており、評価が着実に下がったといえる。