中国地域経済の新版図
 編集者の言葉

 西部大開発の新しい10年計画が策定されたのに伴い、「西部の大開発、東北の振興、中部の勃興、東部の新たな飛躍」などの各プロセスが大幅に推進され、 中国が2009年から相次いで打ち出した13件の地域発展プランは、いずれも国の戦略に格上げされた。中国は今後新たな経済成長周期に入る見込みだ。

►長江デルタ経済地域

長江デルタ地域は、北は通揚運河、南は杭州湾、西は鎮江市、東は上海市、江蘇省南部、浙江省北部および近隣海域を含む沿海地域に囲まれている

 

►環渤海経済圏

 環渤海経済圏とは、遼東半島、山東半島、北京市・天津市・河北省を中心とした環渤海沿海経済帯で、山西省、遼寧省、山東省、内蒙古中東部まで広がっている。同地域は中国北方経済で最も活発な地域で 、東北地方と華北地方、華東地方の接合部に位置する

 

►江蘇沿海経済区

 江蘇沿海経済区は主に連雲港、塩城、南通などの江蘇沿海地区が含まれる。江蘇沿海地区は沿海、長江、隴海(連雲港--蘭州)・蘭新(蘭州--ウルムチ)沿線の三大生産力の交差する地域に位置し、長江デルタの重要な構成部分となっている

 

►海峡西岸経済区

 海峡西岸経済区は、福建を主体とし、台湾に面し、香港・マカオと隣接し、その範囲は浙江省南部、広東省北部、江西省の一部地域をカバーする、珠江デルタと長江デルタの2つの経済区をつなぎ

 

►重慶両江新区

 西部大開発戦略の具体的な実施として、重慶の「両江新区」が2010618日に成立した。 同区は中国で3番目の国家級新区だ

関中-天水経済区

 国務院新聞弁公室は2009年6月25日に記者会見を開き、「関中-天水経済区発展プラン」を発表した。同「発展プラン」では関中-天水経済区を「全国内陸型経済の開発・開放の戦略的な重要な拠点」と位置づけている。関中-天水経済区は「国家西部大開発『第11次五カ年計画』」で確定された西部大開発の三大重点経済区の一つだ

 

新疆地域経済振興計画(審査許可中)

 新疆地域経済振興計画はエネルギーや観光、鉄鋼、新型農業、循環経済を重点的に支援する。計画ではウルムチ北西に石油都市を構築、ユーラシア大陸橋を通じて中央アジア5カ国から中国に輸送された石油・天然ガスを同地に貯蔵する

 

広西北部湾経済区

 2008116日、国家は「広西北部湾経済区発展計画」の実施を許可した。北部湾経済区の戦略的位置付け:重要な国際的地域経済協力区

 

海南国際観光島

 2010年1月4日、国務院は「国務院の海南国際観光島の建設・発展に関する若干の意見」を発表した。これにより、海南国際観光島の建設が正式に軌道にのったことになる

 

珠江デルタ経済区

 2009年1月8日、国家発展・改革委員会は「珠江デルタ地区改革・発展計画綱要(2008?2020年)」を発表した。計画範囲は広東省の広州、深セン、珠海、佛山、江門、東莞、中山、恵州、肇慶市を中心とし…

 

汎珠海デルタ横琴経済協力区

 珠海市横琴島は珠江河口の西岸に位置し、マカオと海を隔てて向かい合った、珠江河口の美しい環境と優れた生態系を持つ海の島だ。横琴の開発建設を加速し、珠海デルタの牽引や

京津冀都市圏

 京津冀(河北省)都市圏とは北京市と天津市を中心とし、河北省の石家庄、保定、秦皇島、廊坊、滄州、承徳、張家口、唐山の8都市を含む地区を指す。

 

遼寧沿海経済帯

 「遼寧沿海経済帯発展計画」は2009年7月1日に国務院の許可を得た。これにより、遼寧沿海は開発地域全体が国家戦略に組み込まれた。

 

図們江地域の協力開発

 中国国務院は先ごろ「中国図們江地域の協力開発計画綱要・長吉図を開発・開放の先導区とする」を許可した。これは中国政府がこれまでに許可した唯一の国境沿いの開発開放区の計画だ。中国、ロシア、北朝鮮の3カ国の国境開放都市である琿春から

 

中部地域の振興促進計画

 中部6省には山西、安徽、江西、河南、湖北、湖南が含まれる2009年9月23日に国務院常務会議では「中部地域の振興促進計画」を審議し、原則として通過させた。2015年までに中部地区で経済発展水準の顕著な向上や発展エネルギーのさらなる増強

 

ハ陽湖生態経済区

 2010年1月に国務院は「ハ陽湖生態経済区計画」を許可し、ハ陽湖生態経済区計画を国家戦略に引き上げた。生態産業クラスタとしてのハ陽湖生態経済区計画だ

 

黄河デルタ地域の高効率生態経済区発展計画

 国務院は2009年11月23日に「黄河デルタ地域の高効率生態経済区発展計画」を許可し、中国の三大デルタ地域の一つである黄河デルタ地区の発展を国家戦略に引き上げ、国家と地域の協調的発展戦略の重要な一部とした

 

北地域振興計画

 2003年9月29日、中国共産党中央政治局は討論を経て「東北地域等旧工業基地の振興戦略を実施する若干意見」を通過した。2007年8月、国家発展・改革委員会と国務院東北地域など旧工業基地振興指導小グループ弁公室が作成した「東北地域振興計画」が発表された。同計画の範囲には遼寧省、吉林省、黒竜江省、内モンゴル自治区呼倫貝璽市、興安盟、通遼市、赤峰市、錫林郭勒盟(蒙東地区)が含まれる

 

瀋陽経済区

 瀋陽経済区は瀋陽を中心に、鞍山、撫順、本渓、営口、阜新、遼陽、鉄嶺の合計8都市を含み、中心都市の瀋陽の経済的な波及と吸引を通じて、周辺の経済社会活動と緊密に関連した地区で形成される「地域経済共同体」である

関連記事

汎珠江デルタの各空港、快速シャトル便の開通で合意

長江経済帯に新たな開発の波

長江デルタ 都市間高速鉄道「コミューター」時代へ

国務院「黄河デルタ生態経済区発展プラン」を承認

発展改革委、今年の西部大開発に関する7大業務発表

国務院が今年7つの区域発展計画を許可

 

評論・分析

1年で13の地域計画 地域経済の新版図が形成

地域経済が発展 成長の新たなエンジンを育成へ

中国、西部大開発の10年で輝かしい成果

中共中央は西部大開発を非常に重視

改革開放の先頭に立った深センは何をもたらしたのか

中国経済は熱い?冷たい?

 


このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8257、080-5077-8156(24時間)  北京 (010) 6536-8386 MAIL:japan@peopledaily.com.cn