2010年の中国経済十大データ

ホーム   経済   社会・生活   政治   文化・科学   中日交流   評論   写真   動画   特集

☆ GDP成長率が10%突破見込み   
2010年、人民網日本語版の
経済特集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 経済学者の多くは、今年の国内総生産(GDP)成長率は約10%の高い水準に達すると予測する。これは年初に発表された「政府活動報告」でうち出された約8%の成長率維持という目標を大きく上回る数字だ...

 財政収入が8兆元を突破 

 専門家の予測によると、今年1-11月の全国の財政収入データから考えて、通年の財政収入は8兆元の大台に達する見込みだという。財政収入の大幅増加は国がますます豊かになっていることを示すが、数年にわたる収入超過の問題により、国民の間で「国が強くなること」と「国民が豊かになること」についての討論が起こってもいる...

 農民の平均収入が8.3%増加 

 農業部がまとめた統計によると、今年の農民一人当たりの平均純収入の実質増加率は、過去4年間の平均値の8.3%を超えることが予測され、7年連続で高度成長を維持する見込みだという。年初以来、農民の収入の伸びには「2つの増加、2つの上昇」という特徴がみられる。すなわち穀物などの主要農産品の生産量が増加して価格水準が上昇し、農民の出稼ぎ労働者の人数が増加して給与水準が上昇したのだ...

☆ 新規雇用が1千万人以上 

 人力資源・社会保障部がまとめた統計によると、今年第1-3四半期(1-9月)に全国の都市部で新たに就業した人の数は931万人に上り、通年の目標人数900万人を前倒しで達成した。第11次五カ年計画(2006-2010年、十一五)期間に都市部で新たに就業した人の数は年平均1100万人に達した...
☆ 穀物生産が7年連続増加 

 国家統計局がまとめたデータによると、今年の穀物生産量は1兆928億斤(1斤は500グラム)に達して、過去最高を記録した。半世紀ぶりに7年連続の増産を達成し、生産量は4年連続で1兆斤を超えた...

☆ 人民元レートが2.5%上昇 

 中国人民銀行が今年6月19日に人民元レートの再改革を宣言して以来、人民元は小幅に上昇し、上下双方向の変動という特徴を示し、レートの弾力性が目立って高まった。現在の上昇幅は約2.5%だ。人民元レートの問題はごく小さな動きでも全体に影響を及ぼす可能性がある...

☆ CPI上昇幅が3%以上 

 今年は消費者物価指数(CPI)が上昇を続け、11月には5%を上回って28カ月ぶりの高い数字となった。ある専門家の予測によると、通年のCPI上昇幅は3%を超えるという。世界的に氾濫する流動性が物価上昇を背面から押し上げた。中国は来年、通貨政策を適度に緩和された通貨政策から安定的な通貨政策へと切り替える見込みだ...

☆ 省エネ・汚染物質排出削減がダブルで目標達成 

 今年は十一五の省エネ・汚染物資排出削減に関する拘束力をもった指標の達成に向けた最終年だ。現時点で、省エネの目標は予定通り達成される見込みとなっており、主要汚染物質の排出総量は10%削減という目標値を超過達成できる見込みだ...

☆ 自動車生産販売台数が1800万台突破 

 中国汽車工業協会がまとめた統計によると、今年通年の自動車生産・販売台数はともに1800万台を超え、中国は引き続き世界一の自動車生産国となり、世界最大の新車販売市場となった。来年の中国自動車市場は、自動車購入に対するさまざまな優遇政策が期限を迎えること、各地で渋滞対策の措置が相次いでうち出されたことにより...

☆ 貿易黒字が1900億ドルに減少 

 今年の貿易黒字は約1900億ドルに減少し、貿易のバランスが改善される見込みだ。貿易黒字は規模が減少したが、米国や欧州連合(EU)などの主要貿易相手先との関係においては依然として大きな圧力に直面している。中国の対外貿易構造には調整が必要であり、輸入の増加を通じて...


このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8257、080-5077-8156(24時間)  北京 (010) 6536-8386 MAIL:
[email protected]