経済発展方式の転換加速 7つのキーワード

  ホーム   経済   社会・生活   政治   文化・科学   中日交流   評論   写真   動画   特集

 中国人民政治協商会議第11期全国委員会第4回会議(第11期全国政協・第4回会議)は6日午前、「経済発展方式の転換加速、第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)時期の経済社会の科学的発展の促進」をテーマとして記者会見を行った。

 記者会見には国家統計局の李徳水元局長(全国政協委員)、北京大学光華管理学院の厲以寧名誉院長(全国政協常務委員)、中央農村業務指導チームの陳錫文副代表(全国政協委員)、中国致公党の王欽敏中央常務副主席(全国政協常務委員)、国家発展改革委員会の王金祥元副主任(全国政協常務委員)、中国工商銀行の楊凱生行長(総裁。全国政協委員)、億利資源集団の王文彪総裁が出席して、記者からの質問に答えた。

 経済発展方式の転換加速に向けて、7つのキーワードが浮かび上がった。内需拡大、インフレ、農民の収入増加、自主イノベーション、新興産業、商業銀行、民間企業の7つだ...

「特集」2011年全人代と政協会議>>

(2) インフレ

 

石油価格と気候変動はコントロールできない


 2010年に始まったインフレはさまざまな要因によるもので、需要が牽引した部分もあれば、生産要素のコスト上昇による部分もあり、世界的な物価上昇による部分もある。インフレ抑制に関して、2つの重要な要因はコントロールすることができない。石油価格と気候変動の農業への影響とだ...

(4) 自主イノベーション

 

 政府の誘導と資本注入が必要


 十二五期間にも引き続き自主イノベーションを推進するとすれば、どこから着手するべきだろうか。王中央常務副主席によると、自主イノベーションは一つのシステム的な作業であり、国の大型戦略の一つとして、産学研の三方面が連携して展開するべきだという。王中央常務副主席によると、自主イノベーションの実現には、政府が政策的な誘導と支援を行うとともに、資本を注入することが必要になる...

(6) 商業銀行

 

商業銀行自身の改革を一層加速


 今後5年間、商業銀行は経済発展モデルへの支援を強化する中で、より大きな発展チャンスをつかまえることになる。商業銀行は先進的製造業、現代型サービス業、戦略的振興産業資金面での支援を積極的に提供する一方、鉄鋼、セメント、フロートガラス、石炭化学工業、ポリシリコン、風力発電設備製造、造船といった生産能力が過剰な7産業に対する資金貸出を一層抑制する必要がある...

関連記事

 ● 中国「経済成長のマイナス影響」軽減に全力投球
 ● 中国の発展戦略の世界的な意義は?
 ● 今年の「両会」から中国の新たな5年を占う
 ● 十二五の経済成長率7%が意味するものは?
 ● 「両会」焦点の経済問題は?


このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8257、080-5077-8156(24時間)  北京 (010) 6536-8386 MAIL:
[email protected]