メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>黒竜江
更新時間:14:47 Jul 31 2008
黒竜江省虎林市、旧日本軍が遺棄した砲弾を発見
 旧日本軍が遺棄した大型の砲弾がこのほど、黒竜江省虎林市で発見された。この砲弾は長さ143センチ、直径41センチで、虎林市虎頭鎮の農民が山で薬草を採取している時に偶然発見した。「新華網」が伝えた。

 虎林市侵華日軍虎頭要塞遺跡博物館の李守軍館長によると、この砲弾は第二次世界大戦時に中国に侵攻した旧日本軍の大型大砲の砲弾であることが調査により明らかになったという。発射には火薬1トンが必要で、最大射程距離は20キロに達する。

 李館長によると、旧日本軍は当時、虎頭要塞の攻撃能力を強化するためにこの大砲を配備したという。(編集YH)

 「人民網日本語版」2007年8月23日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪、日本は過去最大規模の選手団を派遣 北京五輪、日本は過去最大規模の選手団を派遣