メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>澳門
更新時間:15:32 Jul 30 2008
澳門特区政府、知的財産権の保護策継続を表明
澳門(マカオ)特別行政区政府の譚伯源・経済財政司長は23日、引き続き知的財産権保護の最良の措置を講じるとともに、国際基準に歩み寄ることで、地域における澳門の競争力を引き上げる方針を明らかにした。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

譚司長は同日開幕した「知的財産権および貿易ハイレベルフォーラム」で、「知的財産権の保護は一貫して、新しいアイディア、新製品、新たな技術発展、商業化の基礎と見なされてきた」と指摘。世界貿易機関(WTO)の一員として、「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS)」を履行していくと表明した。

澳門特区政府は近年、海賊版の厳格な取締りに向けた法整備を含め、知的財産権の保護強化のために一連の措置を講じてきた。

同フォーラムは世界知的所有権機関(WIPO)と国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)が主催。30余りの国と地域の代表が「知的財産権と貿易」「投資と競争の結びつき」「地域協定と発展基調」「知的財産権と公共衛生、発展状況」などについて、3日間集中的に協議する。(編集NA)

「人民網日本語版」2007年7月24日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介