メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>甘粛
更新時間:15:55 Jul 30 2008
国内最大エネルギー基地、酒泉に建設 投資額443億元
 西部地区の重要都市である甘粛省酒泉市で、新たなエネルギー基地の建設計画が進められている。2010年をめどに総額443億元を投じて、風力・水力・石炭・太陽光・ガス・原子力の6種類のエネルギーを網羅した国内最大のエネルギー基地を建設し、稼働させる予定だ。「蘭州晨報」が伝えた。

 同市発展改革委員会の呉生学副主任(同市エネルギー開発弁公室主任)の説明によると、同市は風力資源や太陽光資源が豊富で、特に風力発電は国により全国最大の風力発電エリアの一つに認定されている。6種類のエネルギーを網羅する新エネルギー基地が完成すれば、750キロワットの超高圧送電線を通じた天津市や北京市などの華北地区への電力輸送が可能になる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2007年9月7日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介