メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>陜西
更新時間:16:04 Jul 30 2008
空に舞い上がる12キロの「長城凧」 西安
空に舞い上がる12キロの「長城凧」 西安
万里の長城を模した長さ130メートル、重さ12キロの凧が21日、西安のハ河近くで揚げられた。写真は「長城凧」の最終チェックを行う張天偉さん(右)。
空に舞い上がる12キロの「長城凧」 西安
万里の長城を模した長さ130メートル、重さ12キロの凧が21日、西安のハ河近くで揚げられた。写真は空高く舞い上がった「長城凧」。
 万里の長城を模した長さ130メートル、重さ12キロの凧が21日、西安のハ河近くで揚げられた。この凧は「中国の凧作り第一人者」と呼ばれる凧作り名人・張天偉さんが3年間かけて制作したもの。前方には高さ1.3メートルの秦の始皇帝を模した凧があり、その後方に万里の長城が続き、山海関、居庸関、嘉峪関など万里の長城の有名な6つの関所、15の見張り台、187の城壁からなる計208枚の連凧だ。この大きな凧を揚げるには風速およそ3メートルの条件下で、大人10人以上の手が必要だという。(編集KA)

 ※ ハ河のハはさんずいに「覇」

 「人民網日本語版」2008年6月22日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介