メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事|文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>青海
更新時間:16:08 Jul 30 2008
拉薩と格爾木で聖火リレー
拉薩と格爾木で聖火リレー
写真は、チベット族の人々が民族舞踊で聖火を歓迎する様子。
 五輪聖火は21日と22日、西蔵(チベット)自治区の拉薩(ラサ)と青海省の格爾木(ゴルムド)でそれぞれリレー活動を行った。拉薩では75人のチベット族を含む156人の走者が9.3キロのコースをつないだ。最後は布達拉(ポタラ)宮広場に運ばれ、珠穆朗瑪(チョモランマ)への登頂を果たした火と融合した。格爾木のリレーでは171人の走者が参加し、7.5キロのコースをつないだ。写真は、チベット族の人々が民族舞踊で聖火を歓迎する様子。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年6月23日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介