メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>貴州
更新時間:16:18 Jul 30 2008
通信衛星「中星9号」のブースタ、貴州省に無事落下
貴州省黔東南苗(ミャオ)族、トン族自治州鎮遠県の江古郷に落下した固体ロケットブースタの残骸。
貴州省黔東南苗(ミャオ)族、トン族自治州鎮遠県の江古郷に落下した固体ロケットブースタの残骸。
 中国初の直接受信(DTH)用衛星「中星9号」は9日午後8時15分、西昌衛星打ち上げセンターからキャリアロケット「長征三号乙」で無事に打ち上げられた。ロケット打ち上げから数分後、4本の固体ロケットブースタが切り離され、予定通り貴州省黔東南州の鎮遠県と岑鞏県付近に無事故の落下をした。(編集KA)

 ※トン族のトンは人偏に「同」

 「人民網日本語版」2008年6月12日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介