メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>湖南
更新時間:15:45 Jul 30 2008
湖南で爆発事件、12人負傷 違法建築撤去を逆恨み
湖南省張家界市の関連部門によると、同市永定区西渓坪街道弁事処(事務所)の敷地で2日午前、意図的な爆発事件が起こった。現地の政府職員によると、12人が爆発で負傷し、うち5人は重傷を負った。爆発事件の容疑者は警察当局によってすでに逮捕されている。新華社が伝えた。

爆発が起こったのは2日午前8時40分。同弁事処管轄の彭家巷社区7組に属する田容疑者が、点火したLPガスボンベ2本を積んだ農業用三輪車を運転して、同弁事処に突っ込んだ。ガスボンベは弁事処の敷地で爆発し、衝撃波で12人が負傷し、うち5人は重傷となった。負傷者は病院に運ばれ治療を受けた。2日午後5時現在、死者の報告はない。

現地の警察当局は事件発生後まもなく、田容疑者を逮捕。公安機関が現在、事件の全面的な調査を行っている。張家界市の関連部門によると、田容疑者が事件を起こしたのは、田容疑者の建てた違法建築物を政府関連部門が法律に従って撤去したことを逆恨みしたためだという。(編集MA)

「人民網日本語版」2008年7月3日

関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介